TEL 03-5438-4811

東京都狛江市東野川2-20-5
エストヴィアン1F

診療時間

平日 9:00~18:30
土曜 9:00~12:30

休診:水曜・日曜・祝日

骨粗鬆症

TEL:03-5438-4811 診療時間 平日9:00-18:30 土曜9:00-12:30

WASEDA SEIKEIGEKA

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。からだ中の組織は生きており、常に新陳代謝を行っています。すなわち、骨も新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。このバランスが崩れて骨吸収が優位となって骨がスカスカになっていくのが骨粗鬆症です。加齢や女性ホルモンの減少などが原因と考えられています。
骨粗鬆症になっても、あまり痛みを感じることはありません。しかし、わずかな衝撃でも骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。骨折が生じると、その部分に痛みを感じるようになります。せぼねに骨折を生じると、背中や腰が痛くなった後に、背中が丸くなったり身長が縮んだりします。太ももの付け根の骨を骨折した場合には、歩行が困難になり、寝たきりの原因となることもあります。

女性は50歳になる前に検査を

骨粗鬆症が特に多く見られるのは、女性ホルモンの分泌が低下した更年期以降の女性です。女性ホルモンは骨の新陳代謝において、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。閉経して女性ホルモンの分泌量が減少すると、骨からカルシウムが溶け出すスピードが速まるため、骨が作られるよりも減っていく方が多くなるため、骨がもろくなってしまうのです。そのため、閉経を迎える50歳前後から骨量は減少し始めます。骨粗鬆症のリスクを把握し予防するため、閉経後の女性には、骨粗鬆症の定期的な検査を受けることをお勧めします。診断は骨の量や成分(骨密度)を測定するために、当院では前腕骨のDEXA法(2重エネルギーX線吸収法)を行っております。また、血液検査で骨の新陳代謝の状態(骨形成と骨吸収のバランス)を調べます。

専門的な治療と生活改善

骨量は20代頃をピークに、年と共に減少していきます。しかし、早期に専門的な治療や適切な生活改善を行えば、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを最小限に抑えることが可能です。

ロコモティブシンドローム

運動器に何らかの障害(骨や筋肉、関節の病気 など)がみられ、それによって立つ、歩く、座るなどの移動機能が低下したことで、すでに要介護状態になっている、もしくは将来的に要介護となるリスクが高いと判定されると、ロコモティブシンドローム(通称ロコモ、運動器症候群)と診断されます。
ロコモティブシンドロームは「メタボリックシンドローム」、「認知症」と共に、「健康寿命の短縮」、「寝たきり・要介護状態」の3大要因のひとつとされています。健康寿命を長く延ばすためには、ロコモと診断された方はもちろん、ロコモ予備群と判定された方も予防に取り組む必要があります。予備軍かそうではないかなど、気になる方はわせだ整形外科までご相談ください。

わせだ整形外科

整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科

院長
早稲田 明生(医学博士/日本整形外科学会整形外科専門医 / 日本足の外科学会教育委員長)
http://kutsu36.umin.ne.jp/

〒201-0002東京都狛江市東野川2-20-5エストヴィアン1F

TEL.03-5438-4811

最寄駅

京王線

  • 「つつじヶ丘駅」
  • 南口より京王バス調布駅行き「覚東」下車 (所要時間7分)
  • 狛江ハイタウン折り返し場行き「明照院前」下車徒歩4分
  • 北口よりタクシー5分
  • 「仙川駅」
  • 桐朋学園前より小田急バス調布行き「覚東」下車 (所要時間6分)

小田急線

  • 「成城学園前駅」
  • 西口より小田急バス調布行き「覚東」下車 (所要時間20分)
  • 西口より神代団地行き「明照院前」下車(所要時間 12分) 徒歩5分
  • 北口よりタクシー10分
  • 「喜多見駅」
  • 小田急バス狛江ハイタウン追い返し場行き「覚東」下車 (所要時間20分)
  • 徒歩20分
  • 「狛江駅」
  • 北口より小田急バス成城学園行き「覚東」下車 (所要時間10分)
  • 北口よりタクシー 7分

お車で

  • 都道114号(松原通り)、いなげやさん近く
  • 駐車場あり(4台)
診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

休診日水曜・日曜・祝日

水曜日は大久保病院にて手術を行っています。